×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ボッテガヴェネタ

photo by kaori
sponseredlink

ボッテガヴェネタは高級皮製品ブランド

ボッテガヴェネタ ★ボッテガヴェネタの口コミはこちら★

ボッテガヴェネタは1966年、イタリア・ヴィチェンツァ(Vicenza)の丘陵地帯で創立された、イタリア・ヴェネト(Veneto)地方の熟練した革職人の伝統に深く根ざしている高級皮製品ブランド。 今や女性ファッション雑誌で大人気のボッテガベネタ(BOTTGA VENETA)は、革製品で有名なイタリア北部の丘陵地帯で発祥した比較的新しいブランドです。ボッテガヴェネタは、職人の丁寧な手作業による伝統的な革紐の編みこみ模様が有名で、この技法はイントレチャートと呼ばれています。

ボッテーガ(工房)の名の通り手作業による靴作りを行い、籠網に着想を得た手作りによるバターのような滑らかなめし革の革紐を用いた編みこみバッグ「intrecciato」や茶と黒の記事を合わせたマルコ・ポーロのシリーズ、ポインテッド・ヒールが有名。その丁寧に作られた革は「シルクのようだ」と評する人もいる。革紐で編まれたサンダルは、柔らかく、履くとその人の足型に合わせて伸び、軽やかにフィットする。 高級な革素材へのこだわり、一流職人の伝統的な手作業へのこだわり、これらのこだわりがボッテガベネタの人気を支える秘密です。重厚かつエレガントなイメージをもつボッテガヴェネタの革製品は、時間がたつほどに重みが出る革の良さが最大限に引き出され、特にキャリアを積んだセレブ女性に好んで使用されています。

2001年、2月グッチが78.5%の株を取得し「グッチ」グループの傘下に入り、それまでのGiles DeaconとKatie Grandから、クリエイティブ・ディレクターにエルメスやソニア・リキエル・オムでのデザイナー経験とスイムウェアなどのデザインで知られていたドイツ生まれのオーストリア人、トーマス・マイヤー(Tomas Maier)が就任。ランウェイショーを中止するとともに、一気に知名度がアップする。 これがきっかけとなりボッテガヴェネタの名前は広く世に知れ渡ることとなり、それまでの伝統的な革製品の良さは残しながらデザインや色使いなどを刷新した結果、若い世代にも人気の高いブランドとなりました。

マイヤーは重厚なブランドに彼の革新的なスタイルを持ち込み、21世紀に向けての舵を切った。ブランド固有のエレガンスと工房の遺産への彼の理解に、新たなスタイルを加えたのである。光沢のある新「intrecciato」、ピラミッド型のショルダーバッグも人気を集めている。2003秋冬のテーマは「甲冑」。アライグマ・コートおよび多層の「甲冑状の」靴は外部の継ぎ目によって強調されるとともにやさしく体を包む。「私の仕事は単純です。ただ、美しいものを作るだけですから」(トーマス・マイヤー)。 日本国内においては、1974年アオイによって紹介され、展開されていたが、本社がグッチ・グループに入ったことで、ボッテガヴェネタ ジャパンによって現在では展開されている。2002年8月24日、トーマス・マイヤー自身がディレクションを務めた新コンセプトの旗艦店「ボッテガ・ヴェネタ青山(エスキスB1F)」がミラノ、パリ、ロンドンに続いてオープン。暖かみのあるナチュラルカラーと、それとは対照的なアフリカ産イロコ材が融合し、青山店は旗艦店としてのグローバルなイメージ展開も行っている。2006年2月、表参道ヒルズに旗艦店をオープン。

ボッテガベネタは洋服、バッグ、靴、キーケース、財布、手帳など様々な商品を取り揃えていますが、やはり人気なのがイントレチャートのトートバッグやショルダーバッグです。同じバッグでもナイロンやコットン製のバッグは革のバッグよりも安く買えます。

sponseredlink

ボッテガヴェネタ魅力のアイテム

ボッテガヴェネタ ★ボッテガヴェネタの激安情報はこちら★

自分だけの極上のバッグ、そんなアイテムを探しているあなたにお薦めしたいのがボッテガベネタ(BottegaVeneta) のバッグです。熟練した職人によって丁寧に作られた革は「まるでシルクのようだ」と評される程の逸品です。 このボッテガベネタは、1966年モルテード夫妻により北イタリアのヴェネツィアにほど近い町で創業されました。 その品質が認められ、イタリアでは数多くの上流階級の顧客から厚い信頼を得る伝統と歴史あるブランド、それがボッテガベネタです。 ボッテガベネタ(BOTTEGAVENETA)のデザインは、ヴェネド州の伝統的な革工芸技術を現代風にアレンジした「イントレチャート」 が代表的です。 イントレチャートとは、短冊状の革を編みこんでいく技法の事で高い技術と手間がかかります。このイントレチャートラインを用いたソフトなメッシュバッグは70年代に幅広い層の人気を集め大流行しました。 ボッテガベネタ創業当時から続く希少価値の高い確かな技術を持つ職人を、現在のクリエイティブディレクターであるトーマス・マイヤーはボッテガベネタの財産であると考え、その技術の継承と保護に努めてきました。

ボッテガヴェネタの財布 ボッテガヴェネタの財布はとても人気の商品の一つではあるが、このボッテガヴェネタの財布などイントレチャートといわれる編みこみをほどこした財布が有名である。やはりこのボッテガヴェネタの財布も皮のなめらかさとやさしさがあるのだが、丈夫であり、使い込むほどに味がでてきて長く愛される財布としてボッテガヴェネタを愛用される方も多い。また、少々サイズが大きめであるので、小さめなセカンドバックのような感じを受けるがボッテガヴェネタの長財布はお札入れが2箇所に分かれているなど使い勝手は良いでしょう。またボッテガヴェネタのイントレチャートは革を編みこむのに高い技術と手間が掛かるものであるために職人の技術は財産であるという考えからボッテガヴェネタのクリエイティブディレクターのトーマス・マイヤーは技術の伝承と保護にも力を注いでいるようである。やはり、手作りの味と歴史、文化などを残す貴重なアイテムとしてもボッテガヴェネタの財布は魅力たっぷりの商品ですね。

ボッテガヴェネタのキーリング ボッテガヴェネタでの人気アイテムは財布だと言われておりますが、そもそもボッテガヴェネタの技術には定評があるために靴、アクセサリーなどにも人気のアイテムは多数、用意されている。ボッテガヴェネタのブレスレットなどはイントレチャートの物などは人気がある。また、キーリングや携帯ストラップなどもアイテムも豊富である。ボッテガヴェネタのハンドバックや財布などは手作りであり、時間も技術も要するために少々、高価なブランドではあるのだが、キーリングなどは入手しやすい価格になっているためにボッテガヴェネタの最初の商品として購入されることも多い。このボッテガヴェネタのキーリングも同じように革をなめしたものをイントレチャートでとても手になじみ、また使うほどに艶がでてきて、また丈夫であるために長く愛されるものである。ボッテガヴェネタのクリエイティブディレクターのトーマス・マイヤーは「だた美しいものをつくるだけだ」とおっしゃっていますが、商品を手にとれば納得できるでしょう。

sponseredlink

ボッテガヴェネタ革製品のお手入れ・メンテナンスのコツ

★ボッテガヴェネタの最新情報はこちら★

革製品のお手入れは大切です。お気に入りのボッテガヴァネダはいつまでもきれいなもので使いたいものです。やはり皮製品は手入れをするのとしないのでは、歴然の差があります。

日々のお手入れはやわらかい布で軽く拭く程度で良いと思います。 皮に塗るクリームですが財布が白やピンクの明るい色でしたら、色移りが心配になる方も居られることでしょう。革用クリームにはナチュラルといって無色のモノがありますので色移りは心配ありません。 オススメはコロニル社製のプレミアムローションです。(東急ハンズなどで1,500円ぐらい。深緑の長方形のパッケージです。さらっとした質感で使いやすいと思います)

頻度はそんなに毎回の使用後でなくても大丈夫です。思いついたヒマなときにぐらいで良いでしょう(手で触った質感がかさっとしてくる前ぐらいがちょうどのタイミングです。)

ボッテガヴェネタの財布といえば、イントレチャートのものをお持ちの方が多いことでしょう。そうであるならば、網目にクリームが詰まりやすいので、米粒程度を、コレも柔らかい布で、薄く薄く延ばすような感じで塗り込めば大丈夫です。

クリームを使用してくると購入時のふっくらとした感じは変わって来ます。ですが、使い込むうちに、しっとりとした良い感じになります。